お風呂上がりに肌が完全に乾ききる前がポイント

スキンケア対策として、フェイスもボディも共通したケアを続けています。
その方法とは、お風呂上がりに、肌が完全に乾ききる前に保湿対策をしています。

 

以前に、完全に乾いてからスキンケアをするよりも、乾いていない状態でスキンケアをした方が、
浸透すると言う記事を見た事があるので、それを実際に試してみようと思いました。

 

半信半疑でやってみたら、確かに乾ききった後でスキンケアするよりも違いました。

 

塗っている時には、元々の水気で(本当に大丈夫かな?)と思ったのですが、
乾いた後にしっとりします。

 

化粧品の種類にもよるかもしれませんが、化粧水系よりも、ジェル系の方が、
個人的にはしっとり感が実感出来るかなと感じました。

 

さらさら系なら、気持ち「パシャパシャ」くらいの量を使うのがコツです。

 

夏はこれだけでも充分に、エアコンなどの乾燥を防げます。

 

顔も同じように、スキンケアします。

 

ポイントは、お風呂あがりに軽くタオルドライする程度で、
水滴が残っている状態でスキンケアする事でしょうか。

 

ですので、脱衣所にスキンケア用のアイテムを常設しておく事をオススメします。

 

冬には、これにプラスして寝る前にもう少し保湿力の高いスキンケアアイテムを使って終了です。

 

かなりしっとりすると思います。
この方法を行って7年程経ちますが、保湿が常にできている事もあってか肌のハリ感も保てているようです。